JA愛知厚生連 稲沢厚生病院JA愛知厚生連 稲沢厚生病院

JA愛知厚生連 稲沢厚生病院

DEPARTMENT診療科・部門

外科

特徴

外科では様々な疾患を扱っており、胃癌や大腸癌をはじめとする消化器疾患や乳癌、ヘルニア、外傷等を主な対象として診療を行っています。
患者さんを主体とした、患者さん自身が安心できる質の高い医療を提供することを当科の診療方針としています。手術などの治療を不安なく受けていただけるように、最新の情報を提供し、わかりやすい説明を心がけます。ガイドラインに沿った標準治療を原則とし、安全な医療を提供できるように、他科とも綿密に連携し、他職種と共により良いチーム医療を行います。また、地元医師会と緊密な連携を保ち、地域の急性期医療を担います。

  • 日本外科学会専門医制度修練施設(関連施設)
  • 日本消化器外科学会専門医修練施設(関連施設)
  • 日本乳癌学会専門医制度関連施設

対象疾患

消化器外科

胃癌・大腸癌を主とする消化管疾患や、胆石症をはじめとする肝・胆・膵疾患、痔核・痔瘻などの肛門疾患等、腹部臓器全般に対する外科治療を行っています。
多くの手術に体に負担の少ない腹腔鏡下手術を取り入れ、低侵襲化に努めています。大腸癌・胆石症・虫垂炎等は、現在ほとんど腹腔鏡下手術で行っています。胃癌についても適応を決め腹腔鏡下手術を導入しています。
急性虫垂炎、腹膜炎、腸閉塞などの腹部救急疾患については、夜間休日を問わず対応できる体制を整えています。

乳腺外科

乳癌検診のほか、乳癌の疑いの患者さんに対しては、マンモグラフィー・エコー・MRIなどの画像検査に加え必要に応じ吸引細胞診や針生検を行い、迅速・的確な診断に努めています。
乳腺専門医とともに、手術やホルモン療法・化学療法などの診療を行っています。
適応に応じて手術(全乳房切除、乳房温存手術)を行い、腋の下のリンパ節をすべてとらずにすむセンチネルリンパ節生検も行っています。

一般外科

外傷の処置、体表の炎症や化膿(おでき、はれもの)の処置、体表の腫瘍(しこり)の摘出、褥瘡(とこずれ)治療、ヘルニア手術など外科的疾患全般の診療を行っています。
鼡径ヘルニア(脱腸)に対しては、痛みの少ない腹腔鏡下手術を導入しており、通常3~4日間の入院で行っています。

胸部外科

気胸に対する外科治療(胸腔鏡下手術など)などを行っています。

小児外科

鼡径ヘルニア、臍ヘルニアなどの手術治療を行っています。

癌化学療法

外来化学療法室にて、消化器癌・乳癌に対する化学療法をガイドラインに則り施行しています。

その他

外科手術・治療情報データベース事業について

当院は、一般社団法人National Clinical Database(NCD)による外科手術・治療情報データベース事業に参加しています。この事業は、日本全国の手術・治療情報を登録し、集計・分析することで、医療の質の向上に役立て、患者さんに最善の医療を提供することを目指すプロジェクトです。情報の取り扱いや安全管理にあたっては、関連する法令や取り決め(「個人情報保護法」、「疫学研究の倫理指針」、「臨床研究の倫理指針」、「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」等)を遵守しています。

医師紹介

眞下 啓二 名誉院長 日本外科学会指導医・専門医/日本消化器外科学会指導医・専門医/臨床研修指導医
伊藤 浩一 院長 日本外科学会指導医・専門医/日本消化器外科学会指導医・専門医/臨床研修指導医
長谷川 毅 消化器外科部長 日本外科学会指導医・専門医/日本消化器外科学会指導医・専門医/日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医/臨床研修指導医
髙山 宗之 外科部長兼
手術センター長
日本外科学会専門医/臨床研修指導医
松本 奈々 医員