JA愛知厚生連 稲沢厚生病院JA愛知厚生連 稲沢厚生病院

JA愛知厚生連 稲沢厚生病院

DEPARTMENT診療科・部門

栄養科

特徴

栄養科は、患者さんの栄養に関する業務を行っています。構成人員は管理栄養士、栄養士、調理師、調理員です。栄養の根底は、口から食べることです。安全でおいしい食事を口から食べられてこそ病気から回復したと実感して頂けます。私達は、栄養を通して人の役に立つことを目標に掲げて真心のこもった食事作りや栄養管理を実践しています。

主な業務と取り組み

給食管理業務

管理栄養士の献立作成に始まり、病気、咀嚼や嚥下の力に合わせた食事を提供しています。安全でおいしい食事を召し上がって頂くために衛生面で注意することはもちろん、料理に合わせた適温での食事提供に努めています。また、出産された方への産褥食や季節ごとの行事食も行っています。

栄養管理業務

個人栄養指導

糖尿病、高血圧、脂質異常症、胃潰瘍、肝臓病、腎臓病、消化管の手術後、貧血、膵臓病、食物アレルギー、摂食・嚥下障害、癌などの病気に対して個別に栄養指導を行っています。

集団栄養指導

食べて学ぶ糖尿病教室を年間4回開催しています。アンケートなどを参考に毎回テーマを決めています。食事は、医師からの指示エネルギーに応じた量を召し上がって頂いています。(予約制・有料)

チーム医療
NST(栄養サポートチーム)
医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などで回診を行い低栄養患者さんへの栄養サポートをします。静脈・経腸・経口栄養を総合的にサポートして栄養状態の改善に努めています。
褥瘡回診
医師、看護師、管理栄養士で回診を行い褥瘡の治癒促進を目指しています。
緩和ケア回診
医師、看護師、薬剤師、管理栄養士で回診を行い緩和ケアについての相談と助言を行っています。
その他
摂食嚥下チームをはじめとする様々なカンファレンスに参加しています。