JA愛知厚生連 稲沢厚生病院JA愛知厚生連 稲沢厚生病院

JA愛知厚生連 稲沢厚生病院

NURSING看護部のご紹介

部署紹介

外来

地域の患者さんが住み慣れた環境で、その人らしく過ごしていただくために
安心・安全な医療・看護が提供できることを目指しています。

  • 第1外来
  • 第2外来
  • 第3外来
  • 第4外来

外来は4つのブロックで構成されています。第1外来・第2外来は各診療科の診察・処置の介助・検査説明などを行っています。第3外来では中央処置室・救急外来・化学療法室・内視鏡検査室・放射線科があり、処置や検査介助を行っています。第4外来では精神科のデイケア・作業療法に携わっています。またフットケア外来、予防接種スケジュール外来、助産師保健師指導外来などの看護外来を開設し、支援を行っています。患者さんに寄り添い、外来と病棟や地域との連携を活かした看護が提供できるようにみんなで頑張っています。

手術室・中央材料室

私たち手術室スタッフは、手術を受ける患者さんの思いに寄り添い、
安全で質の高い看護を目指しています。

手術室は4部屋あり外科・整形外科・泌尿器科・産婦人科・眼科・耳鼻いんこう科の手術を年間約800件実施しています。また緊急手術にも対応しています。
手術をうける患者さんの不安や恐怖感が少しでも軽減できるよう術前訪問を行っています。またスタッフ内での勉強会や術前カンファレンスを実施しており、医師とのコミュニケーションを図り、安全・安楽の確保に努めています。

東2階 病棟

多職種と情報を共有しながら患者さんの支援を行い、
地域へつなぐ医療・看護を目指しています。

内科・外科・脳神経外科・泌尿器科の混合病棟です。術前・術後・化学療法・ターミナル期・リハビリ期などの患者さんが主に入院されており、急性期から慢性期まで幅広い看護知識が必要となる病棟です。
入院患者さんに今何をすることが良いのかを常に考え、患者さん・ご家族に寄り添った看護を提供したいと取り組んでいます。手術後の生活指導や高齢者の退院後の生活を見据え、多職種と話し合い退院支援にも取り組んでいます。また認知症ケアの知識も深めながら、患者さんが安心できて安全な入院生活が送れるよう目指していきます。
元気があり笑顔あふれる病棟です。

東3階 病棟

多職種と連携し、その人らしく退院後の生活を
支えることができる看護を目指しています。

当病棟は地域包括ケア病棟です。一般病棟(急性期)での治療が終了し、すぐに自宅へ帰るには不安のある患者さんのために、入院療養を継続しながら在宅復帰に向けた準備を整えるための病棟です。自宅での生活状況の確認をして、住み慣れた自宅へ帰ることができるよう、主治医・看護師・リハビリスタッフ・在宅復帰支援担当者と協力して退院に向けて相談や準備を行っています。

西2階 病棟

新生児から高齢者まで幅広い年齢層に合わせた看護を行い、
安全で質の高い看護を提供できるように取り組んでいます。

小児科・整形外科・産婦人科・眼科・耳鼻いんこう科の混合病棟です。急性期病棟で入退院が多く、手術を受ける患者さんの看護や分娩介助などを行っています。
整形外科では多職種で情報共有を行い、患者さんやご家族が希望する療養先へ退院できるように支援しています。小児科では、入院生活の苦痛が少しでも軽減できるよう年2回季節のイベントも開催しています。小児科医師や看護師のみでなく、ホスピタルクラウンさんも一緒にイベントを盛り上げたくさんの笑顔が見られる会となっています。

西3階 病棟

多職種と連携して、安全・安心の看護を提供することを目指しています。

当病棟は内科病棟です。高度治療室(HCU)を有する急性期(Aチーム)と慢性期(Bチーム)の2チームに分かれています。
急性期から慢性期の患者さんで、循環器・呼吸器・消化器など内科全般の様々な看護を行っています。緊急入院や検査などで忙しいこともありますが、安全に入院生活を過ごして頂けるよう、スタッフで声を掛け合いながら看護を行っています。
また研修で学んだことを部署の勉強会を通してスタッフ全員に伝達し、知識の共有を図っています。向上心を持って日々、看護に励んでいます。

西4階 病棟

総合病院の中にある精神科として、多様化する精神障害に対して
適切な看護を提供することを目指しています。

愛知県厚生連唯一の精神科病棟です。総合病院の中に精神科があるので、精神疾患患者さんだけでなく身体合併症を持った患者さんの治療や看護も行っています。また入院中だけでなく退院後の生活も考えながら、医師、看護師、リハビリスタッフ、精神保健福祉士などでカンファレンスを毎週開催しています。患者さんが安心して地域、自宅で過ごせるよう多職種でサポートしています。