JA愛知厚生連 稲沢厚生病院JA愛知厚生連 稲沢厚生病院

JA愛知厚生連 稲沢厚生病院

KOSEI COLUMNコウセイコラム

子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)推奨再開について

 

HPV(ヒトパピローマウイルス)は、子宮頸がんの原因となるだけでなく、膣癌、中咽頭癌、肛門癌、陰茎癌の原因になります。

 

子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)は、世界のほとんどの国で、有効性と安全性が認められて接種されています。

 

 

 

残念ながら、日本では積極的な推奨が行われていませんでした。

 

 

 

そのため、日本のみ極端に接種率が低く、子宮頸癌が増加しています。

 

 

 

このたび2022年4月より、積極的な案内がないために、接種の機会がなかった方の救済処置が始まりました。

 

対象者は、平成9年度~平成17年度生まれ(誕生日が1997年4月2日~2006年4月1日)の女性です。

 

 

 

過去に、子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)の接種を3回受けていない方が、2022年4月~2025年3月の3年間公費で接種できることになりました。

 

 

 

公費で使用できるワクチンは、サーバリックス(2価ワクチン)とガーダシル(4価ワクチン)のみとなります。当院でも、自費での接種も行っていますが5万から6万円の費用がかかります。  

 

より範囲の広い、9価ワクチン(シルガード)の接種も最近増えていますが、こちらには公費負担はありません。クリニックにもよりますが、9万から11万の費用がかかります。

 

なお、男性は公費負担はなく、日本国内で男性に使用が認められているものは、ガーダシル(4価ワクチン)のみとなります。

 

詳しくは、各自治体のホームページなどでご確認ください。

 

産婦人科部長  渡辺 修 

 

子宮頸がん予防ワクチンの電話予約をはじめました。

子宮頸がん予防ワクチン(ガーダシル、シルガード、サーバリックス)接種の電話予約をはじめました。

ご希望の方は、お問い合わせください。

お電話で予約される方

【電話予約専用ダイヤル】0587-97-8521(直通)

【受付時間】平日9:00~15:00

直接来院して予約される方

【受付場所】第2外来窓口

【受付時間】平日13:00~16:00