JA愛知厚生連 稲沢厚生病院JA愛知厚生連 稲沢厚生病院

JA愛知厚生連 稲沢厚生病院

KOSEI COLUMNコウセイコラム

物忘れと認知症

みなさんは精神科に対してどのようなイメージをお持ちでしょうか。

 

昨今の精神科医療においては、統合失調症や躁うつ病だけではなく、様々なこころの病気に対しての治療を行っています。

 

今日は認知症についてのお話です。

 

ご自身やご家族が「最近忘れっぽくなった?」と感じる方もいらっしゃるかもしれません。

この程度では「加齢による物忘れじゃないか」と思われることもあるかもしれませんが、もし認知症であったとするならば、早めの介入により認知機能低下のスピードを緩やかにしていくことができると言われています。

 

認知症にも様々なタイプがあり、うつや幻視があるもの、認知機能低下が目立たないもの、内科疾患や脳神経外科疾患等により引き起こされているものなど多岐に渡ります。

 

当科では心理検査とともに、画像検査や血液検査等で総合的に判断を行っています。

また、妄想や徘徊などにより、自宅や施設では対応困難な患者さんの入院加療も担っています。

その場合、お薬の効果は限定的になりますが、介護保険など環境の調節を入院中に行う事もできます。

 

精神科というとなかなか受診しづらいかもしれませんが、早期に対応することで、みなさんが心に余裕を持って生活出来るように援助ができたら幸いです。お困りの方は一度精神科にご相談してみてください。

 

精神科部長 河邊 眞好