JA愛知厚生連 稲沢厚生病院JA愛知厚生連 稲沢厚生病院

JA愛知厚生連 稲沢厚生病院

KOSEI COLUMNコウセイコラム

腰部脊柱管狭窄症

 

 通常、腰の骨は5つあり、積み木のように積み重なっています。骨と骨の間には椎間板というクッションがあります。それぞれの腰骨には神経が通る穴があり、これが上下に連なって脊柱管を形成します。年齢とともに椎間板や靱帯に押されて脊柱管の中を通っている神経が圧迫されて狭くなると、腰痛や下肢の痛みやしびれが出てきます(腰痛が無く下肢の症状のみの方もおられます)。

 下肢のしびれや痛みは、安静にしている時には症状が無い事もありますし、症状があっても軽い事もあります。ただ長く立っていたり、長く歩いたりすると症状が悪化し、腰を曲げて休むと症状が改善するという特徴的な症状があります。これを間欠性跛行と言います。診断は診察、X線撮影、MRI検査で行います。

 腰部脊柱管狭窄症の治療はまずは飲み薬などの保存的加療を行いますが、症状が進行して日常生活にも不自由が出てくるようですと手術をすることもあります。動脈硬化により血液の流れが悪くなった時(閉塞性動脈硬化症)にも間欠性跛行が出ることがあります。間欠性跛行があるようでしたらお近くの先生に受診してみて下さい。

 

                                  副院長兼整形外科部長 加藤 哲司