JA愛知厚生連 稲沢厚生病院JA愛知厚生連 稲沢厚生病院

JA愛知厚生連 稲沢厚生病院

KOSEI COLUMNコウセイコラム

お酒に強い人、弱い人。

 新聞に面白い記事がありましたので紹介します。お酒に強い人、弱い人がありますが、これは遺伝で決まっています。さらに酒乱体質も遺伝するそうです。

 アルコールが体内で分解されてアセトアルデヒドという物質になります。顔が赤くなったり、頭痛、吐き気を起こす作用があります。次にアセトアルデヒドが分解されて最終的にエネルギー源となります。このアセトアルデヒドを分解する酵素に2種類あり、分解速度が速いもの、分解速度が遅いものがあります。それぞれをどちらか一つずつ両親から受け継ぎます。分解速度が遅いものどうしを受け継いだ人は下戸で、体質的にアルコールを受けつけません。早いものどうしを受け継いだ人は上戸で、いくら飲んでも悪酔いしません。ほとんどの人はその中間で飲酒習慣により少しは飲めるようになります。

 一方、アルコールを分解する酵素も、分解速度が速いもの、遅いものがあり、同じように両親から遺伝するそうです。この分解速度が遅いものどうしを受け継いだ人は酒乱で、北方領土視察で問題を起こした国会議員がこれに当たるそうです。アルコールの分解が遅れるため、一定の量を超えて飲酒すると理性を失うか、急に意識を失います。アルコールの脳に対する作用です。すべての分解速度が速い人は酒豪ですが、アルコール依存のリスクがあるそうです。

                                

                                第1診療部長兼内科部長 服部孝平