JA愛知厚生連 稲沢厚生病院JA愛知厚生連 稲沢厚生病院

JA愛知厚生連 稲沢厚生病院

KOSEI COLUMNコウセイコラム

「ガングリオン」について

 みなさんは手首の甲の部分などに、グリグリとしたこぶ状の膨らみができ、これは何だろうと思ったことはありませんか。おそらくそれはガングリオンと呼ばれる腫瘤だと思われます。ガングリオンとは、関節や腱鞘の潤滑液が漏れ、袋状の嚢胞の中にゼリー状の液体となり溜まったものです。全身のどこにでもできますが、特に手首の関節や手のひら側の指の付け根に多くできます。原因は不明ですが、結合組織などが変化したもので、癌や他の腫瘍とは違い、真の腫瘍ではないとされています。大きさは米粒大からピンポン玉程度の大きさで、どちらかというと女性に多く発生します。診断は注射器で嚢胞の内容物を抜き、ゼリー状の物質であることを確認するか、エコー検査やMRI撮影をし診断します。通常は無症状なため放置しても問題はありませんが、神経などを圧迫し、痛みやしびれなどの症状が出る場合や目立って美容上気になる場合には治療が行なわれます。治療は注射器で内容物を抜き、その後ステロイド剤などを注入します。一度抜いてもしばらくして再発することがありますが、何度か穿刺を繰り返すうちに、徐々にできにくくなります。手術は外科的に摘出しますが、少なからず再発することがあります。ご自身で針を刺してつぶそうとすると、感染や神経、血管などを傷つける恐れがあるため絶対に行わないで下さい。またガングリオン以外の腫瘍の可能性もありますので、心配な場合はお近くの整形外科で診察を受けていただくことをお勧めします。

リハビリテーション科部長 河村文徳